オーナー募集のりんご


収穫の様子の画像

当園は、紅玉、ジョナゴールド、陽光、王林、ふじの5品種を取り扱っております。各リンゴの特徴や収穫時期などをご紹介しますので、ご参考にしてください。

 

※数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。

※直販のみですが、秋映、シナノスイートもございます。

各リンゴの特徴


紅玉

紅玉の写真

アメリカで生まれたリンゴで鮮やかな濃紅色で光沢があります。

 

味は酸味の聞いた甘み、さわやかな芳香、多汁な口当たりが特徴で、特に樹上で完熟した果実の味は別格です。一時市場であまり見かけなくなりましたが、調理用、加工用にはその酸味から紅玉に代わる品種はなく、また、根強いファンも多く最近は人気が再上昇中です。

 

【収穫時期】 9月下旬から

ジョナゴールド

ジョナゴールドの写真

ニューヨーク生まれのりんごで大玉でとてもきれいな橙紅色の果実です。

 

味は紅玉に似ているところがありますが、酸味は紅玉ほど強くなく、さわやかな甘みで口当たりもよく、多汁でおいしいリンゴです。

完熟品は保存性にやや劣りますが生食用にも、加工用にも適しています。

 

【収穫時期】 10月上旬から

陽光

陽光の写真

群馬県生まれで、比較的新しい国産品種です。果実はやや硬く、ほどよく酸味と甘みのバランスがとれています。

 

熟度が進むにつれ光沢のある鮮紅色となりとてもきれいです。サビが発生しやすい品種のため幼果の時期に小袋をかぶせ栽培しますが、年によっては果実の見た目が気になることがあります。しかし、味には何も影響ありませんのでご安心ください。

 

【収穫時期】 10月中旬から

王林

王林の写真

当初はそのリンゴらしからぬ外見から受け入れられずらかった王林ですが、生産者の努力により、今ではふじ、つがるに次ぐ国内生産量を誇るリンゴです。

 

緑黄色の独特な外見と風味を持ち、味は酸味が少なく、香が高く甘さが強いリンゴで当園でも人気の品種です。

 

【収穫時期】10月下旬から

ふじ

ふじの写真

ふじは「国光」と「デリシャス」の交配種であり、1958年に青森県で生まれた国産リンゴのスーパースターです。

 

生産量はダントツの国内第1位で、近年では世界的品種となっています。市場へも多く出回り、リンゴと言えば「ふじ」が一般的になりました。熟度が進むにつれ密が入り、色、味、保存性ともに抜群の品種で、当園の主力品種です。

 

【収穫時期】 11月中旬から

 

秋映(直販のみ)

秋映の写真

1993年に長野県で登録された、「千秋」と「つがる」の交配種です。

 

味はやや硬め、香りが強く、甘みと酸味のバランスがよい果汁がたっぷりの美味しいリンゴです。秋映は着色が非常に良好な品種で、完熟するとチョコレートほどの赤茶色になります。

 

※ 秋映の場合は、木を1本まるごと購入していただくオーナー制ではございません。

シナノスイート(直販のみ)

シナノスイートの写真

1996年に長野県で登録された、ふじとつがるの交配種です。

 

最近市場に少しづつ出回り始めた当園でも一番新しい品種です。ふじに似た外観で、味は甘みが強く、果汁も多く、香りもよい美味しいリンゴです。ふじに比べ収穫時期が早いです。

 

※ シナノスイートの場合は、木を1本まるごと購入していただく、オーナー制ではございません。